ベトナムカジノで飲食も満喫

夏のお盆休みに、会社の同僚が旅行へ行き、観光をしながらベトナムカジノを、楽しもうと誘われました。

アジア圏内にあり比較的治安が良く、物価も安い為、多くの日本人が観光に訪れてるそうです。

ネットで調べたらハノイという都市に、世界的に有名なベトナムカジノの、スターダストEゲーミングクラブが、ホテル二階にある様子。

このベトナムカジノに決めて大型連休を使い、飛行機で同僚と旅行に出かけました。

ハノイに着いてホアンキエヌ湖等の、観光地を巡った後に、メリア・ハノイというホテルに向かいました。

するとそこには、人気ゲームのブラックジャックや、ルーレットやバカラ等があり、誰でも自由に遊べるシステムになった。

自分はスロットマシンで遊び、現金を入れてレバーを引き、3時間以上も夢中になっちゃった。

さらにお腹が減ったら、飲食を無料で提供してくれ、美味しくいただき、本当に嬉しかった。ベトナムカジノは、平日は午前4時まで営業してる為、時間を気にせず遊びつくす。

にしても、ブラジルワールドカップ アメリカ代表、あんま情報が...。「うーむ、何故?」あ、でも最終予選はメキシコに2?0の勝利。

「すげぇな。よく強国に勝てるぜ...」ま、ほら、ブラジルワールドカップ アメリカ代表、やっぱ力がね。「力?」えっと...。「浮かばん?」

むむ、洋画は...俳優含め、結構好きよ?「それ関係ねーもの」やっぱ、全然無理。1つも褒めれる点見つからず、知識ゼロ。

ブラジルワールドカップ アメリカ代表、特徴は不明。「あ、ほら、実績あるぜ!」「え...2002年、ベスト8進出、2010年ベスト16」凄いの?

「一応、多分...」ブラジルワールドカップ アメリカ代表、優勝する感じじゃないね。「けど近年、目覚ましき活躍っぷり。もしやいずれ...」

昔はともかく、ゴールドカップじゃ、結構優勝回数多く、凄い。「ええ...」色々思うけど、今回どーなるやら。

「楽しみ?」勿論。「サッカー、興味ないかとばかり」普段、関わる機会無く、滅多に話題出す事ねーし。が、W杯は別さ。

母子手帳で苦い記憶が蘇る

私には二人息子がいますが、最初の妊娠は22歳とまだ若く、母子手帳を貰った時も凄く嬉しいという気持ちもあまりなく、本当にお腹に赤ちゃんがいるんだな、という実感だけがあったのを覚えてるだけ。

加えて、母子手帳を貰った時は3ヶ月ほどの頃で、つわりが酷く出る体質でもあった為、早く家に帰って横になりたかったなー。

ちなみにそれは、二人目も変わりなく、つわりが酷い時期に母子手帳を貰った為に、めっちゃ辛かった記憶が蘇っちゃう。

貰った嬉しさが徐々に大きくなってきたのは、お腹が大きくなり始めた、妊娠後期ごろでした。胎児の大きさや、お腹のサイズを毎週計り、看護師さんが母子手帳に記入しているのを見るのが、めっちゃ好き。

順調に子供が成長を続けてるというのを、改めて実感出来る時でもあり、生まれてくるのを楽しみに待つ、瞬間でもある。

二人分は今でも大事に保管し、見比べれば凄く面白く、かけがえなのない宝物。これは一生涯、大切に保管を続けます。